2009年02月13日

経本・経典・俳句本・表彰状など縦組版下

活版・写植からDPTと日本の印刷は変化して行きました。

多くの印刷物はDPTの仕様で簡素化され、読む方もそれに徐々に慣れてきています。
ところが、経本・経典・表彰状・俳句本など特に日本語の縦組み印刷は、例えIllustrator・QuarkXPress・Page Makerの縦組み機能を屈指して作製しても、オペレーター泣かせ、大幅な校正など帰ってきた際には、営業サイドと制作サイドの気まずさが大きくなる事でしょう。

また、DPTオペレーターはシステムの変化が早い為、若い人が大半を占めています。仏教用語や俳句の原稿はどうしても手書になりますが、学校でもワープロ教材で育った人達にこの難しい手書き文字は苦労の種になっているはずです。

弊社では、写植時代からの熟年のオペレーターが日本語縦組みの為に日本で開発された日本語ページレイアウトソフト「EDICOLOR」(エディカラー)でお客様の難しいご注文にも対応、挨拶状は元より、経本・経典・俳句本・表彰状など美しい縦組み版下を作成致します。

またMacOSX以来Adobe InDesignによる版下作成に移行いたしました為、多くの出力センターに対応が可能となりました。
常に長年の技術と最新のノウハウに対応できる様、対応しております。
posted by digital at 15:46| Comment(0) | Q%A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。